【コロナウィルスで亡くなった人の取扱い】葬儀社専門コンサルタント小泉悟志 ブログ第21号

売上アップ

【コロナウィルスで亡くなった人の取扱い】葬儀社専門コンサルタント小泉悟志 ブログ第21号
~葬儀社の売上UP・コスト削減・人事戦略など最新の経営情報を発信~
葬儀社専門コンサルタント 中小企業診断士 小泉悟志

コロナウィルスで亡くなる人が
少しづつ増えていています

ご遺体の取扱いが
決まっておらず
怖い状況になっています

そこに先立って
東京都は
病院に指示を徹底しています

まず防護服を着用して
業務を行います

亡くなったご遺体を
遺体収納袋(納体袋)に入れて
その納体袋も消毒して
葬儀社に引き渡します

それを受ける葬儀社も
防護服が支給されて
着用します

本来なら24時間以内の
火葬は法律でできないが
今回特別な取扱いとして
24時間以内でも火葬できます

コロナウィルスから
社員を守ためにも
万全を期して
段取りを決めておく
必要があります

受けないのは簡単ですが
市町村に対して
自社を信頼していただくためにも
取扱いをすることを
検討する必要があります

他の都道府県も
東京都をみならって
同程度の取扱い指示が
でるものと思われます

くわしくは
各県の衛生局に
問合せを行い
情報を収集してください

地域に必要とされる
葬儀社として
万全を期してください

お問い合わせ 03-6338-4938
メールでお問い合わせ